れいわ内科ロゴ

日本橋れいわ内科クリニック

内科・糖尿病内科

最上段へ移動

糖尿病診療

糖尿病専門医・指導医が常にいる診療所

この10年ほどで、糖尿病の診断・治療は大きく変化し、専門医でないと治療が難しい時代になりました。特にCGMをはじめとする血糖検査機器・インスリンポンプの進化、倍以上に増えた治療薬の選択など、軽症~重度のいずれのステージの方でも、糖尿病は専門医が診る必要のある疾患です。当院はどんどんと進歩する糖尿病治療を常に最新の検査・治療をいち早く取り入れて診療を行っています。

糖尿病治療の専門治療チーム

糖尿病などの生活習慣病は、薬以上に効果を発揮する食事や運動での生活習慣改善の方法や、種類が多い薬の飲み方だったり、また合併症に対しての知識も得ておくことが望ましく、医師の診察時間だけでは必要な知識を得ることができません。そのため、糖尿病療養指導士(看護師、栄養士)による療養指導の時間を別途設け、適切な情報提供を行っています。

指導医とは?

指導医は専門医取得後に学会の定める更なる審査に合格した、専門医を育成することができる資格です。
当院では指導医を有する医師が複数人在籍しており、専門医・指導医が常駐する数少ない診療所です。

糖尿病では、大血管障害や細小血管障害と言われる様々な合併症(病気)を来すことがあります。この合併症は、頭から足まで全身に発生し、内蔵もほぼ全てで起こり得ます。そのため当院では、これらの合併症の治療も専門的に行えるよう、特定の曜日にはなりますが、生活習慣病以外の専門医も在籍しております。生活習慣病自体だけでなく、合併症も包括的に管理することが、真に生活習慣病を治療する当院の役割と考えております。

持続血糖モニター

CGMイラスト_日本橋れいわ内科

CGMやFGM

24時間連続の血糖測定は、糖尿病の状態を確認するためにも有効です。近年テレビでも多く取り上げられている血糖スパイク(グルコーススパイク)も捉えられます。当院では様々な持続血糖を測定する機器に対応しています。

持続血糖モニターの詳細

インスリン治療

インスリンイラスト_日本橋れいわ内科

様々なインスリン治療に対応

外来インスリン導入、強化インスリン療法、インスリンポンプ、SAPにも対応致します。

インスリン治療の詳細

治療ライフログ

日々の血糖自己測定の結果を
れいわ内科と共有

糖尿病支援外来

糖尿病支援外来イラスト_日本橋れいわ内科

糖尿病療養指導士による療養指導

治療に重要な、生活に関する対応を一緒に考え、支援致します。

糖尿病支援外来の詳細

栄養指導

栄養指導イラスト_日本橋れいわ内科

専門管理栄養士による面接

生活習慣病をお持ちの方を対象に、食事療法についての詳細をご説明致します。二回目以降はオンラインでのテレビ電話でもご利用いただけます。

令和3年11月11日(1単位の日)「一皿一単位にしてみ隊」を結成!

栄養指導の詳細