れいわ内科ロゴ

日本橋れいわ内科クリニック

内科・糖尿病内科

最上段へ移動

理念と対応疾患

理念;目指す『令和のかかりつけ医』像

糖尿病、高血圧、脂質異常症などを
総合的に専門的に治療する

糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病は、それぞれが合併しやすい疾患です。糖尿病と高血圧の関係だけをみても、糖尿病をお持ちの方の約半数が高血圧もお持ちで、逆に高血圧の方の約半数が糖尿病をお持ちになることが知られています。そのため、糖尿病と高血圧を同時に診療できる体制が必要と考えられますが、両方を専門的に同時に診療している診療科は多くありません。また糖尿病は、生活習慣が大きく影響する2型糖尿病だけでなく、緩やかに進行する1型糖尿病など、その他多くの別の病気が背景に隠れている事があります。高血圧に関しても、頻度が最も多い本態性高血圧だけでなく、原発性アルドステロン症などの二次性高血圧が原因であることもしばしば認められ、その場合は治療方法が変わってきます。
近年、疾患、治療の複雑化により、生活習慣病であっても、専門家が対応し、適切なタイミングで疾患の評価、治療を行うことが求められる時代になってきました。生活習慣病は早期から総合的な治療を行うことが、将来の脳梗塞や心筋梗塞などの重篤な病気を防ぐために有効と考えられています。これらの理由から、当院では、糖尿病、高血圧などの専門医が常駐し、生活習慣病を一か所で総合的に診療できる体制を基本としております。

生活習慣病、健診異常、急な体調不良を
まとめて診療する

糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病は、定期的に受診し、採血などの検査を行い、治療方法を調整していく必要がある病気です。それらの病気に対して定期受診をしていると、健康面でも年間に様々なイベントが起こります。一つは、年に二回の健康診断で異常を示す項目が見つかることです。生活習慣病は、様々な病気に影響を及ぼします。また健診と、生活習慣病の定期検査を併せてみることで、新たな疾患の発生に気付きやすくすることができ、かつ検査をあらかじめスケジュールしておくことも可能になります。二つ目は、風邪や胃腸炎など急な体調不良に見舞われることもあることです。糖尿病の方は、体調を崩された時には、新たに処方となった薬の飲み合わせに注意が必要であるだけでなく、常用している薬の飲み方も変更しないといけなくなることもあります。このような場合には、なるべく一か所の医療機関で薬を確認するか、薬や検査結果の情報を適切に別の医療機関と共有する仕組みが必要になってきます。そのため当院では、二次健診、風邪等でも受診いただけるよう、当日にもご相談いただきやすい仕組みを整えました。

受診しやすい環境で
診療を継続できるように

生活習慣病は、発症早期でないと完全に治すことが難しく、加齢によって内蔵の機能も低下していくため、長く付き合っていくことが多い病気です。ただ大きく進行しなければ症状が出ないため、つい治療や受診を忘れてしまうこともあります。また生活習慣の改善が重要な治療方法であるため、毎日毎食意識することが大きな負担にもなります。しかし、治療をしない期間が長引くほど、病状は確実に悪化します。当院では、生活習慣病の定期通院、生活習慣改善の負担を少しでも軽減できるような取り組みを続けていくことを目標にしています。

最新のテクノロジーを
意識せずご使用いただく

医薬品や医療機器はどんどんと発達していますが、それらの進歩に比べると、診療に関わる仕組みは大きく変化しているとはいえません。当院では、現状で可能な最新のテクノロジーを多く使用しております。ですが、利用される皆様にはなるべく今まで通りの方法で行っていただければ良いよう、最小限の変化で、最大限のテクノロジーの恩恵を受けられる仕組みを作成するよう努力しております。

専門対応可能な病気(疾患)

糖尿病

健診検査:血糖値、HbA1c、尿糖
症状:喉の渇き、頻尿、手足のしびれ

れいわ内科の糖尿病治療

  • インスリン外来導入
  • インスリン投与量調節の厳格化(特定看護師による指導等)
  • インスリンポンプ管理
  • CGM(持続血糖モニタリング)検査
  • ブドウ糖負荷試験(75g OGTT)
  • 足病変の外来管理
  • 妊娠糖尿病の管理*産院での確認が必要
  • 糖尿病腎症管理(透析予防)
れいわ内科の糖尿病治療の特徴

高血圧

健診検査:血圧(収縮期、拡張期)
症状:頭痛、肩こり

れいわ内科の高血圧治療

  • ABPM(24時間血圧計)検査
  • 外来血圧のデータ集積
  • 二次性高血圧の特定
れいわ内科の高血圧治療の特徴

脂質異常症

健診検査:中性脂肪、コレステロール(LDL、HDL)
症状:胸の痛み(心筋梗塞)、まぶたの黄色い膨らみ

脂質異常症治療

  • 当日の検査結果説明
  • PCSK9注射薬の使用対応
  • 専門栄養指導

高尿酸血症

健診検査:尿酸
症状:足親指付け根の痛み(痛風)、腰痛(結石)

高尿酸血症治療

  • 当日の検査結果説明
  • 尿検査、腹部CT検査
  • 専門栄養指導

脂肪肝

健診検査:AST、ALT、γ-GTP、ALP
  • 当日の肝機能検査結果説明
  • 腹部CT検査
  • 採血での基礎疾患の検索
  • 専門栄養指導
  • 重度の肝疾患であった場合の専門医への紹介

慢性腎臓病

健診検査:eGFR、Cr、BUN、尿蛋白、尿潜血
  • 当日の採血、一般尿検査結果説明
  • 腹部CT検査
  • 採血、尿の精密検査での基礎疾患の検索
  • 重度の腎疾患であった場合の専門医への紹介

肥満

健診検査:体重、BMI
  • 専門栄養指導
  • 外来体重のデータ集積
  • 二次性肥満の基礎疾患の検索
  • 内分泌疾患であった場合の専門医への紹介

その他

健診検査:骨密度、甲状腺腫大、等
  • 骨粗鬆症の内服、注射による加療
  • 甲状腺疾患の検査、治療
  • 胃炎、逆流性食道炎の内服加療
  • 各種ワクチン接種
  • 不眠症の内服加療
  • 風邪、胃腸炎
  • アレルギー検査、内服加療

その他、上記以外にお困りのことがありましたら、一度ご相談下さい。当院で対応が困難なものの場合も、適切な専門家をご紹介致します。