れいわ内科ロゴ

日本橋れいわ内科クリニック

内科・糖尿病内科

最上段へ移動

新型コロナ検査
医療機関PCR

令和4年9月26日からの発生届出変更に対応

メール、SMSでの検査結果報告に対応

保険コロナPCR検査
 症状のある方

当院では、新型コロナPCR検査を保険にて取り扱っております。

保険での対象となるかどうかは、まず医師の診察を受けていただいてからの判断になります。必ずしも全ての方が保険で検査を受けていただけるわけではありませんので、ご理解の程お願い申し上げます。

また、他の患者様と接触しない時間にご案内致しますので、当院にお電話でご予約をお願い致します。

*検査と診察が必須と考え、かつ結果を迅速にご報告するために、当院ではオンライン診療は中止致しました。

お願い:当院では検査結果は医学的に重要かつ機密事項と捉え、結果報告は原則ご本人確認での電話で行っておりましたが、行政による検査での報告がメールでなされている状況が続いており、新型コロナ検査結果報告は社会的に一般化された事柄であると考えるようになりました。そのため当院でも今回の発生届出緩和のタイミングより、保険対応の方であっても、結果をメールまたはSMSでご報告させていただきます。

診療予約からPCR検査結果報告までの流れ

1.当日受診希望の場合は、当院に電話でお申込み *翌日の時間指定予約はWebから予約可能

2.当院で診察と検査 *唾液検査では少なくとも15分以上前より、食事と飲水も中止が必要です

3.メールまたはSMSで検査結果を数時間で通知 *混雑時には報告が遅れることがあります

4.陽性時、届出対象外の方は下記の方法でご自身で登録 *届出対象の方は当院から届出かつ電話で対応報告

陽性時の登録方法
 東京都の場合

2022年9月26日からの対応

厚生労働省より、「Withコロナの新たな段階への移行に向けた療養の考え方の見直しについて」が発表となり、従来の感染者全てが保健所に登録される事が廃止となりました。

65歳未満の方で基礎疾患をお持ちでない方(妊婦や重傷者を除く)は、行政の支援の希望がある場合は、ご自身で東京都陽性者登録センターにご登録いただく必要があります。

令和4年9月22日時点では、ご自身でご登録いただく方(医療機関からの発生届出対象外の方)には、療養証明書が発行されないとされています(現状把握が困難な箇所が多く、調査中)。しかし、会社に証明書を提出する必要がある方も多くいらっしゃると考えられるため、当院ではご希望の方には診断書を発行致します(申し訳ございませんが、従来通り診断書代を頂戴致します)。会社から認められる場合には、当院からの陽性報告のメールやSMSもご活用ください。

また大変恐縮ですが、ご自身でご登録いただく方(医療機関からの発生届出対象外の方)は、症状が重症化しない限り、医療機関からの届出報告は行えないと東京都より連絡を受けております。

東京都陽性者登録センターへの登録作業方法のご案内や、宿泊療養施設への申し込み等、当院から個別に全てお伝えすることは不可能であるため、大変申し訳ございませんが、下記をご覧いただきご対応いただきますようお願い申し上げます。*症状悪化時の診察必要時は当院にお問い合わせください。

千葉、埼玉、神奈川、その他、他県在住の方の登録方法は現在調査中です。

陽性時の東京都陽性者登録センターへの登録の流れ*必要時

1.Googleアカウントの作成(お持ちの方は手順スキップ)

2.手元に用意するもの:身分証明書、当院の診療明細書(陽性メールのスクリーンショット等)

3.東京都陽性者登録センターにアクセスし、登録。

*ご自身で登録が困難な方は、うちさぽ東京:0120-670-440 毎日:24時間 11ヶ国語対応(詳細不明)に連絡

4.保健所からの登録連絡待ち(詳細不明、My HER-SYS登録連絡か)

5.必要な支援の申し込み

注意事項:療養中の支援を希望されない方は上記の登録は必須ではないようです。

陽性時の療養期間について

症状がある方は、症状発生日を0日とし、7日間の療養が必要になります。

無症状の方は、検査日を0日とし、7日間の療養が必要になります(5日目に自費PCRまたは抗原検査で陰性確認で解除)。

令和4年9月22日時点では、新型コロナウイルスは2類相当のままで療養は必要と考えられます(しかし、不要不急の外出自粛と緩和されており、難解な状況です)。

東京都からの新型コロナウイルス感染症の発生届限定化に伴う都の対応について【別紙3】患者配布用リーフレットの図を記載致しますので、療養期間をご判断ください。

患者配布用リーフレット療養期間図

自費 医療機関PCR検査
 無症状の方

検査について

当院は最初期よりPCR検査を取り入れ、いちクリニックとしては多数の、年間五千件以上の検査を行っており、豊富な経験を有しています。また開発協力していた厚生労働省認可最新機器を日本で一番に導入し、医療機関としては最速の結果通知に対応しております。また検査開始時から、感染拡大時の試薬切れも発生しておりません。

2022年9月26日より、メールまたはSMSでの結果通知に対応致しました(文字データのみ)。結果通知や診断書がPDF形式で必要な場合は、従来通りの当院専用アプリを検査前にご登録いただくことを必須としております(所要時間5~15分程度)。ご協力の程、よろしくお願い致します。

料金と結果通知の目安

料金(税込)
PCR検査25,000円

*上記費用には診察料・検査代金が含まれます

*結果は原則メールまたはSMSで報告

*押印がある陰性証明書(和文)が必要時は追加費用なく発行(直接来院で受け取り、または専用アプリ)

検査結果が出るまでの流れ

検査時間(月~金曜)速報結果通知の『目安』
平日10:30
~19:30
最短2時間で通知
(混雑時は3時間強)
検査時間(土曜)速報結果通知の『目安』
土曜10:30
~13:30
最短2時間で通知
(混雑時は3時間強)

*当日結果報告が可能な人数には限りがあります。

*混雑状況により、結果報告までの時間が延びることがあります。複数人での同時刻の検査の場合は、結果判明までに約2時間強を要します。

注意;機器故障や停電等、不測の事態では、当日に結果報告ができないことも予想されます。上記報告時間は目安で、絶対の保証は致しかねるため、結果が遅れる可能性があることに同意いただいてからの検査になります。ご予定には必ず余裕をお持ちいただきますようお願い致します。

注意;検査前には、少なくとも15分以上の食事、飲水、喫煙の中止が必要です。

注意;当日に青汁を飲んだ方、イソジンなどでうがいをした方はエラーで結果が出なくなる事があり、十分に口腔内を洗い流していただく必要があります。

予約方法

当院にお電話をいただくか、当院の予約サイト(内科当日予約または内科時間指定予約)より、PCR検査のご希望にチェックの上、ご予約をお願い致します。

注意!;Web予約は希望のリクエストの形式になり、上記当日結果報告の確約は致しかねます。団体等の複数人でのまとまった受診では、当日報告可能な人数を超えてしまう事があります。前日までに時間指定でご予約をいただいている個人の方を優先させていただきます。

団体での検査受診をご検討の方へ(企業の方へ)

複数人でのまとまった検査をご希望の場合は、まずはご担当者様より当院へご連絡をお願い致します。当院のPCR担当者とお打ち合わせいただき、検査がスムーズに行えるようご案内致します。

*注意!;同じ会社であるにも関わらず、お一人お一人よりご連絡をいただき、スムーズにご案内ができないケースが増えています(問診の重複等)。お手数ではございますが、担当者の方よりご連絡をいただきますよう、お願い致します。また、当日結果報告が可能な人数には限りがあります。1日50人以上は対応不能になりますので、予めご了承ください。

令和3年10月より、法人・団体用PCR検査に対応致しました。詳細は当院の法人PCR担当までお電話をお願い致します。

海外渡航PCR検査

年間五千件以上の院内検査実績
各国への渡航証明書対応

渡航前の方へのお願い

当院は、経済産業省及び厚生労働省「海外渡航を行う事業者に対して検査証明を行う医療機関」(TeCOT)登録医療機関です。

現在まで北米、中南米、欧州、中東、アフリカ、大洋州、ハワイ州、アジア(中国は一部検査のみ)各国に証明書発行の実績があります。

令和4年9月現在まで、当院の渡航証明書が受理されなかったとの報告はございません。

注意事項;令和4年9月現在、中国渡航は事前検査のみに対応しております。

ご自身でご確認いただきたいこと

  • 渡航先に提出する証明書の期限及び当院の結果が出るまでのスケジュールの確認(24~72時間等)
  • 検査の検体採取方法の指定の有無(唾液または鼻腔)
  • 証明書の指定の有無(指定がない場合は外務省のフォーマットでお渡し)
  • 各国の対応状況;外務省の海外安全ホームページの国・地域別安全情報をご参照ください。

注意事項;検査時に、必ずパスポートのコピーをお持ち下さい。

料金と検査スケジュール

各種料金(税込)
PCR検査
英文証明書込み
30,000円

*鼻腔にも対応(同料金)
*上記費用には診察料も含まれます

*証明書がデータでも良い場合は、当院専用アプリでの送付にも対応

証明書お渡しまでの流れ(月曜~金曜日)
検査時間証明書お渡しの『目安』
平日10:30
~17:45
最短1時間半
(混雑時は約3時間)
平日17:45
~19:30
翌日10:30~
*アプリ通知は当日
証明書お渡しまでの流れ(土曜日)
検査時間証明書お渡しの『目安』
土曜10:30
~12:30
最短1時間半
(混雑時は約3時間)
土曜12:30
~13:30
月曜10:30~
*アプリ通知は当日

注意事項;複数人での同時刻の検査の場合は、結果判明までに約2時間強を要します。

注意事項;土曜日の検査は、日程によっては12時以降の検査でも当日証明書発行が可能です。お電話でお問い合わせください。

新型コロナQ&A
 様々な状況でのご質問

検査や状況、対応について

新型コロナウイルス感染やPCRを巡っては、皆様、様々な不安や疑問が生じています。当院での事例等より、医学的な事だけでなく、社会的な事柄に対しても、可能な限りご回答致します。

随時内容更新中。

ご回答
当院は早期よりPCR検査へ対応し、年間五千件以上の検査を行っています。また島津製作所の全自動PCR検査機器(厚生労働省認可)の開発協力を行い、日本で一番目に同機器を導入しています。同機器では1時間半~2時間強で結果を確認することが可能で、当院では結果判明までの時間を限りなく短縮することで、最も早い報告を可能としております。

ご回答
結果の確認は、検査会社から届く速報のレポートか、当院が発行する正式な診断書があります。速報のレポートは記載内容が簡易ですが、無料でお渡しが可能です。診断書は検査結果に加え、感染状況を記載し、当院の押印があるものになりますが、別途料金が必要です。速報の簡易レポートは当院専用アプリからも印刷可能ですが、診断書は当院に来院し受け取っていただくようお願いしております。

ご回答
現在、療養期間が10日に短縮されていることから、療養解除直後ではPCR検査で陽性となることが多くなっております。はっきり期間をご案内はできませんが、少なくとも療養終了後1~2週間程度は空けていただくことをお勧め致します。*1~2週間程度空けても陽性となることもあります。

ご回答
新型コロナに暴露し、発症するまでに多くは5日程度です。また発症の1~2日前からウイルスを排出していることが分かっています。そのため接触直後(1~2日)では検査では特定できない可能性がありますが、発熱やその他の症状があるかどうかも重要な判断材料になります。また逆に、接触後2週間経過した場合は、治癒していることも考えられるため、接触後数日(症状がある場合はその限りではない)~14日以内ではPCR検査を行う意義はあると考えられます。

ご回答
ウイルスそのものを増幅させるPCR検査と違い、検体中に存在するウイルス抗原に直接反応し判定できるものが抗原検査です。ウイルスを増幅させる必要がないため、短時間で結果が判定できることがメリットです。しかし、わずかのウイルス量では反応が不十分となることがあり、PCR検査よりは抗原検査の方がどうしても精度が落ちてしまいます(感度、特異度共に)。ただでさえ精度の問題が取り上げられているPCR検査よりも精度の低い抗原検査を採用するには、PCR検査が行えない等の特殊な状況が必要と考えられます。上記の理由より、日本橋れいわ内科では抗原検査を実施しておりません。

ご回答
当院は、帰国者・接触者外来と同等の機能を有した診療所として東京都より認可を受けています。公費でPCRを行う場合は、国の認可を受けた試薬で行う必要があります。当院では、保険、自費検査共に、国の認可を受けた試薬のみを使用しています。